こどもを想う、親の目線で。共に明日を目指す医療。

ホーム > 入局された専攻医のコメント

入局された専攻医のコメント 入局された専攻医のコメント comment

小児外科医としての一歩を踏み出した先生方の感想をご一読ください。

岐阜県総合医療センター外科 鈴木健斗先生(平成28年卒)

岐阜県立医療センター外科 鈴木健斗先生(平成28年卒)

私は平成28年に岐阜大学を卒業し、岐阜県総合医療センターにおいて、2年間の初期研修を受けました。その後平成30年度4月より入局し、昨年一年間、京都府立医科大学小児外科前期専攻医として勤務しました。

私の出身大学には在学中には小児外科の診療科がなく(現在は開設)、学生実習中に、たまたま新生児期に手術を受けた患者さんが就職のための手続きで外来受診しているところに立ち会ったことが、小児外科領域に興味をもち始めたきっかけでした。その患者さんの診察を受けている姿は、どうみても新生児期に手術を行わなければ命がなかったとは思えないほどで、その時から小児外科に強く惹かれ始めました。

昨年は、毎日が怒涛のように過ぎていきました。研修医での生活を振り返ると担当医として診療に携わっているという実感がすくなかったのですが、入局してからは、より深く診療に携わっていると実感する事が増え、やり甲斐を感じる反面、自分の考え方は本当に正しいのか、患者のためになっているのかなど、責任を感じる事も増えました。

基本的な考え方や理論でつまずく事も多く、上級医・指導医の先生方にご迷惑を多々おかけし、非常に焦りを感じましたが、同時に自分の中でこの1年間は非常に密度の濃いものであり、数多くの事を学ばせていただきました。これからも小児外科を志す者として邁進していきたいと思っています。


近江八幡市立総合医療センター小児外科 瀧本篤朗先生(平成28年卒)

近江八幡市立総合医療センター小児外科 瀧本篤朗先生(平成28年卒)

私は、6回生のクリニカルクラークシップで小児外科を選択させていただき、2週間と短い間ではありましたが、手術を受けた子供が元気に帰っていく姿や難病に立ち向かう子供の姿をみて、いつかここで働けたらなと漠然と思いました。その後、初期研修病院で消化器外科、循環器内科や救急など様々な科の魅力に触れ、入局する科に迷うこともありました。しかし、小児外科をローテートしたときに、小児にひたむきに向き合い、様々なバリエーションのオペを執刀しておられる先生方の日々努力されている姿を見て、自分も将来このような医師になりたいと思い、入局を決めました。

昨年一年間は業務に追われ、なかなか勉強する時間もなく、心が折れそうになる日々もありましたが、たまに外来で見かける退院後の子供の元気な姿をみると、またより一層頑張ろうと思うとともにこの科を選択して本当によかったなと感じました。

また医局の雰囲気も非常に温かく、足りないところは先輩の先生方にカバーしていただき、本当にこの教室のやさしさを実感しております。今後も全力で頑張っていきますので、どうぞよろしくお願い致します。